加入收藏

宁波大学外国语学院“李达三讲堂”系列学术报告(4)

作者: 时间:2019-10-30 点击数:

金秋季节丹桂飘香  学术大餐盛情呈

宁波大学外国语学院“李达三讲堂”系列学术报告(4)

讲座题目男だけが語られる日本の近代小

Prof. Inseop Shin (寅燮 教授)

       韩国建国大学研究生原院长兼流动人文研究院院长

人: 杨建华副教授

讲座地点 外国语学院422会议室

讲座时间: 11月3月(周日)下午2:00-3:00 (日语讲座)

内容摘要周知のように日本の近代文は男性による、男性のための、男性の文であった。この短い講義で私は、日本近代文が始まった時からの、主なテクストを取り上げ、男に焦点化された近代小の方法について分析を試みることにする。それによって、なぜ日本近代文は男性エリトを主人公にし、その男性知識人の面のみを物語らなければならなっかたのか、明したい。これは日本の近代の在り方とも相通じることであるが、これは今でもなおいているとも言える。

讲座人简介:Inseop Shin is Professor of Literature at Konkuk University(KU)Korea, director of the Academy of Mobility Humanities and editor of Korean Journal of Japanese Language and Literature(indexed by KCI), Dean of Graduate School of Education at Konkuk University. As a leader of Mobility Humanities and Diaspora literary studies in Korea, he has organized many academic conferences and special issues sponsored by Universitas-Monthly Review of Philosophy and Culture (indexed by A&HCI). He is the head of Human Korea Plus program (HK+). In addition to numerous articles, his book publications include Light and Dark of Modern and Contemporary Japanese Literature, which was selected as an excellent academic book by the Korea Publishing Foundation.


电话: 0574-87600321         邮编: 315211 
地址: 浙江省宁波市江北区风华路818号李达三外语楼